MENU

夜勤の看護師の現状

看護師の夜勤の現場は、人でが足りていない、不足している現場が多いと言えます。

 

入院施設がある病院では、シフト制で日勤、夜勤がありますが、最近は、日勤のみの看護師の採用も多くなり、夜勤が出来る看護師さんが少なくなっている現場もあります。

 

また、看護師の夜勤は、72時間ルールで、夜勤が出来る時間、日数が定められています。

 

夜勤で働ける看護師さんが少なくても代わりに夜勤の日数、時間を増やすことが出来ないなど夜勤の看護師の現場は恵まれているとは言えませんね!

 

また、病院以外でも看護師の夜勤の職場として介護施設や介護付き集合住宅、コールセンターなども夜勤の看護師の職場として増加傾向にあります。

 

ただ、総合病院以外の夜勤の看護師の仕事はそれほど多くはありません。

 

 

夜勤の看護師の現場は、人手不足の病院が多いので、夜勤専従看護師という働き方があります。

 

日勤なしの夜勤だけ働く看護師さんですが、給料が高く少ない時間、少ない就業日数でも給料が高めです。

 

逆に日勤のみで看護師として総合病院でで働いた場合、日勤、夜勤で働く看護師さんとの給料の差が大きくなりますね!

 

看護師の仕事で夜勤の給料の割合は大きく、夜勤をしない、日勤臣の看護師さんは、それほど稼げなくなります。

 

 

しかし、夜勤専従の看護師は、夜勤のみですので稼げる看護師の仕事だけを行うことになるので給料も高くなりますね!

 

夜勤専従の看護師の日給は、25000円から40000円程度が多いようです。

 

高いですね!

 

夜勤専従看護師は、少ない出勤日数で日勤の看護師と同じような給料、もしくはそれ以上の給料が期待できる働き方だと言えます。

 

総合病院の夜勤の看護師は、人材不足の病院も多く募集も結構多いと言えます。また給料、時給なども高くなっている地域もあるので、夜勤の看護師の仕事はがっつり稼げる看護師の仕事になってきていると言えます。


夜勤の看護師派遣は高時給、日給が高い

夜勤の看護師を派遣で働けば、時給が高い、日給が高い仕事の紹介が可能なのではないでしょうか?

 

夜勤専従の看護師派遣?

 

病院、医療系の看護派遣は基本規制されています。

 

夜勤専従看護師として病院での派遣は基本出来ませんよね!

 

看護師派遣で夜勤専従で働くことは難しいと言えますが、派遣でも紹介予定派遣なら病院での夜勤専従看護師として求人紹介、働くことが可能です。

 

 

紹介予定派遣とは、派遣される職場を試す働き方で、いきなり就職するのではなく、働く手も雇用主も一定の使用期間を経て採用する雇用形態です。

 

いきなり就職して思っていた仕事でない場合や職場に合わない場合もあります。そのような場合、正規で採用されている場合、すぐに辞めにくくなりますよね!

 

そのようなことを避けるために最近は紹介予定派遣で、まずはお試し期間を設ける職場も多くなっています。

 

紹介予定派遣には、双方にメリットがあり、雇用主も働き方を見てから採用出来るというメリットがあります。

 

 

この紹介予定派遣なら病院での夜勤専従看護師としての仕事紹介が可能です。

 

病院、医療施設の夜勤の看護師派遣は規制があるので看護師の派遣に詳しい派遣会社で詳細をお聞きください。

 

 

次に夜勤の看護師派遣で最近募集が増えているのが、介護施設や老人ホームなどの施設です。

 

病院の夜勤看護師よりも求人数は格段に少なく、時給もそれほど高い求人紹介ではありません。

 

高時給、高日給の夜勤の看護師の仕事としては、総合病院が高いと言えます。

 

主な夜勤看護師の時給

 

職場 時給・日給

病院 入院施設あり

日給 25000〜40000円

老人ホーム、介護施設

時給1800〜時給2500円

コールセンター

時給1800〜時給2200円